FS001   
トップページ ≫ 製品 ≫ FS001
製品
プラットフォーム
ナンバープレート認識ソフト
FS001
SkyBlue
ETB12A
GPSロガー
パラレルI/Oボード
  FS-1 (3G,Wi-Fi ネット端末)
FS-1は無線通信ネット端末(プロトタイプ)です。
オーダーメイドで様々なカスタム端末をご提供可能です。

3Gモジュールを搭載し直接インターネットに接続できるタイプと、Wi-Fiでインターネットに接続するタイプの2タイプがあります。
豊富なセンサを搭載しています。
簡易的なインタプリタ言語(AirScript:エアスクリプト)を搭載し、ファイルマネージャと専用エディタでPCを必要とせず、端末上でのプログラミングが可能です。
スマホやタブレットなどの重いOSが載った端末と違い、高速起動(約2秒)で安定動作、ウィルスによる危険も全くありません。
お客様の現場に合わせてボタン数、LCDサイズなどをカスタマイズしてご提供する事が可能です。


搭載機能
無線LAN又は3G通信接続

Wifi(IEEE 802.11)又は3G通信でインターネットに接続可能です。
オプション通信モジュールを装着する事で、ZigBee(IEEE 802.15.4)ネットワークを利用する事も可能です。
リチウムイオンバッテリー搭載

リチウムイオンバッテリー充電制御ICを搭載しており、携帯電話のように電源アダプタで充電し繰り返し使う事ができます。CPUは非常に低消費電力なので、長時間の使用が可能です。
3軸加速度センサ

重力に対する端末の向きや、端末の移動などを検知する事が出来ます。これによって、端末を動かす動作によって行う操作などを可能にします。
3軸角速度センサ

端末の向きを変えるなどの動きを検知する事が可能です。端末を回すなどの動作によって行う操作などを可能にします。
気圧センサ

大気圧を測定する事ができます。製造現場における環境データの収集および分析に役立てる事ができます。
温度センサ

温度を測定する事ができます。製造現場における環境データの収集および分析に役立てる事ができます。
3軸磁気センサ

磁気を測定する事ができます。方角の検出が可能です。
オーディオ録音・再生

メモリカードのWaveファイルを再生したり、マイクからの録音をメモリカードに保存したりできます。
CANインタフェース(OBD2対応)

自動車の診断インタフェース(OBD2)コネクタにケーブルで直接接続可能です(外付け部品は必要ありません)。フレームの送受信を行い、データを取り出す事が可能です。
GPS

GPSを接続する事ができます。
位置情報をSDカードなどに記録したり、ネットワークでセンターに送信するなどが可能です。
カードリーダー(Felica、Mifare)

カードリーダーを内蔵する事ができます(オプション)。製造現場などで、ICチップを活用する事ができます。



仕様
サイズ130×65×32 [mm]    (プロトタイプ)
CPUルネサスエレクトロニクス RX631 96MHz
メモリFROM:2MB、RAM:256KB
電源5V

※ 仕様は予告なく変更する場合があります。

 Copyright© 2013 Universal Device Network All Rights Reserved.